音楽理論

【音楽理論】音階・スケールとは(長音階)【基礎編その10】

音階とは、「ある規則にしたがって7個の音を並べたもの」です。 文字だけではよく分からないと思いますが、基礎編を最初から読んでいる人は、 実はもう何度も「音階」に出会っています。 「ある規則」はいくつか種類があります。 今回は、基本になる「長音…

【音楽理論】階名とは【基礎編その9】

基礎編その1で、音名について解説しました。 今回は「階名」について解説していきます。 音名は「ドレミファソラシド」しかないと説明しましたね。 階名も「ドレミファソラシド」です。 同じモノなのかと思いますが、実際はちょっと意味がちがいます。 音名…

【音楽理論】音程とは(単音程・複音程)【基礎編その8】

基礎編その3から音程について解説してきました。 音程とは、「ある2つの音の高さの差」であり、「度」という単位で表します。 これまで、1度から8度までの音程について解説してきました。 この1度から完全8度までの音程を、「単音程」と言います。 9…

【音楽理論】音程とは(増と減)【基礎編その7】

基礎編その4で、#や♭がついた場合、音程はどうなるかを解説しました。 #や♭がついても、1度は1度、6度は6度という風に、音程は変わりませんでしたね。 しかし明らかに響きはちがいますよね。 実は、この派生音(#や♭がついた音のこと)がある場合の…

【音楽理論】音程とは(長短系)【基礎編その6】

前回は「完全系」について学びました。 今回は「長短系」について学びましょう。 前回学んだ完全系は、1度、4度、5度、8度でしたね。 それ以外の2度、3度、6度、7度を「長短系」と言います。 まずは「2度」のときに注目してみましょう。 上段が五線…

【音楽理論】音程とは(完全系)【基礎編その5】

前回までで、音程の考え方については理解できたと思います。 今回からは音程の種類について学んでいきましょう。 まずは完全系についてです。 上段が五線譜、下段がTab譜です。 前回までの内容を理解している方は分かると思いますが、 すべて音程は1度です…

【音楽理論】音程とは(#や♭がついた場合)【基礎編その4】

前回は音程について解説しましたが、少し補足します。 前回は、#シャープや♭フラットがついていない場合について解説しました。 #や♭がついていない音を「幹音」と言います。 #や♭がついている音を「派生音」と言います。 では音程はどうなるでしょうか。…

【音楽理論】音程とは【基礎編その3】

音程とは、「ある2つの音の高さの差」です。 長さには「メートル」、重さには「グラム」という単位がありますよね。 音程にも、「度数」という単位があります。 英語ではIntervalと言います。 例えば、「ド」と「レ」は音程が2度ちがいます。 下に音程の一…

【音楽理論】全音と半音【基礎編その2】

音の名前を覚えたら、次は音と音の関係を学んでいきましょう。 上の図は、上段が五線譜、下段がTab譜になっています。 「ドレミファソラシド」と、1音ずつ上昇していますね。 この時、「ミ」と「ファ」、「シ」と「ド」は半音上がりますが、 それ以外は全音…

【音楽理論】音名【基礎編その1】

まずは音の名前を覚えましょう。 上の図は、上段が五線譜、下段がTab譜になっています。 いきなり楽譜が出てきて、学ぶのがイヤになった人もいるかもしれませんが、 楽譜が読めるかどうかで上達のスピードは大きく変わります。 ギターを弾くなら少なくともTa…

【音楽理論】音楽理論を勉強する理由【はじめに】

当サイトでは、音楽理論もまとめています。 ぜひ音楽ライフに役立てていただければと思います。 こちらのページでは、私が思う音楽理論を勉強する理由についてまとめています。 よく音楽理論を勉強する理由を聞かれることがあります。 音楽理論なんて勉強す…