【音楽理論】音程とは(完全系)【基礎編その5】

前回までで、音程の考え方については理解できたと思います。

今回からは音程の種類について学んでいきましょう。

 

まずは完全系についてです。

音程 音名 ピッチ 音楽理論 楽典 ギター

上段が五線譜、下段がTab譜です。

前回までの内容を理解している方は分かると思いますが、

すべて音程は1度ですね。

音程 音名 ピッチ 音楽理論 楽典 ギター

こちらはすべて4度ですね。

音程 音名 ピッチ 音楽理論 楽典 ギター

こちらはすべて5度です。

音程 音名 ピッチ 音楽理論 楽典 ギター

こちらはすべて8度です。

 

これらの1度、4度、5度、8度は、完全系に分類されます。

頭に「完全」をつけて、「完全1度」、「完全4度」、「完全5度」、「完全8度」と言います。

したがって、下のように書き直すことができます。

音程 音名 ピッチ 音楽理論 楽典 ギター

音程 音名 ピッチ 音楽理論 楽典 ギター

音程 音名 ピッチ 音楽理論 楽典 ギター

音程 音名 ピッチ 音楽理論 楽典 ギター

ギターで弾いてみると分かりますが、完全系の音は心地の良い音がします。

4度の4個目「ファ」と「シ」は完全4度ではありません。

 「増4度」と言います。

 5度の「シ」と「ファ」は完全5度ではありません。

 「減5度」と言います。

 「増」、「減」という種類については次回以降に説明します。

 

ここまで理解できたら、次は「長短系」です。