【12】調・キーとは【基礎編】

どんな曲も、基準にしている音があり、ある音階のルールに従って作られています。

その曲が、どの音を基準にしているのか、どんな音階に従っているのかを言い表してくれるのが、「調(キー)」です。

 

例えば、下のような「ドレミファソラシド」は、「ハ長調」と言います。

まずはこの「ハ長調」を使って「調(キー)」について説明していきます。

音程 音名 ピッチ 音楽理論 楽典 ギター

 

まずは音階に注目してください。

基礎編#10で、長音階について解説しました。

長音階の階名は必ず「ドレミファソラシド」になります。

もちろん上の音階は「長音階」ですね。

次は音名に注目してください。

音名も「ドレミファソラシド」ですね。

「ド」から始まっています。

音階の基準になる音は、音階の最初の音です。

※音階の最初の音のことを「主音」と言います。

「ド」は、日本語式の言い方にすると「ハ」です。

※日本語式の言い方は、基礎編その1にまとめています。

 「ドレミファソラシド」は「ハニホヘトイロハ」です。

 

基準の音は「ハ」音階は「長音階」

この2つを合わせて「ハ長調」と言います。

 

音程 音名 ピッチ 音楽理論 楽典 ギター

音階に注目してください。

階名は「ドレミファソラシド」なので「長音階」ですね。

最初の音名に注目してください。

「ファ」ですね。

「ファ」の日本語式の言い方は「ヘ」です。

基準の音は「ヘ」、音階は「長音階」。

この2つを合わせて「ヘ長調」と言います。

 

以上のように、長音階の規則に従って作られた曲を「長調」と言います。

「長調」は「長音階」の音を使っているので、明るい雰囲気の曲になります。

 

 

 

音程 音名 ピッチ 音楽理論 楽典 ギター

ではこの場合はどうなるでしょうか。

音階に注目してみましょう。

基礎編#11で短音階について解説しました。

短音階の階名は必ず「ラシドレミファソラ」になります。

階名が「ラシドレミファソラ」なので、上の場合は「短音階」ですね。

次は最初の音名に注目してください。

「ラ」ですね。

「ラ」の日本語式の言い方は「イ」です。

基準の音は「イ」音階は「短音階」

この2つを合わせて「イ短調」と言います。

 

以上のように、短音階の規則に従って作られた曲を「短調」と言います。

「短調」は「短音階」の音を使っているので、暗い雰囲気の曲になります。

 

「調(キー)」は、その曲の音階の最初の音と、長音階か短音階か、明るい曲か暗い曲かを教えてくれるものです。

覚えておくと便利です。